ホーム休眠預金等活用法に係る異動事由について

休眠預金等活用法に係る異動事由について

株式會社山形銀行(以下「當行」といいます。)は、休眠預金等活用法に係る異動事由について、以下のとおり取り扱うこととします。

対象預金

當座預金(當座勘定)、普通預金、貯蓄預金、納稅準備預金、通知預金(通帳式?証書式)、別段預金、定期預金【(自動継続、自動解約型)自由金利型定期預金、(自動継続、自動解約型)自由金利型定期預金M型「スーパー定期」、(自動継続)期日指定定期預金、(自動継続、自動解約型)変動金利定期預金、自動継続據置定期預金】積立型定期預金、定期積金、非居住者円預金

異動事由

當行は、上記対象預金について、以下の事由を民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(以下「休眠預金等活用法」といいます)に基づく異動事由として取り扱います。