ホームお客さま本位の金融商品販売を実現するための取組方針

お客さま本位の金融商品販売を実現するための取組方針

株式會社山形銀行(以下、「當行」)は、お客さまの資産形成?資産運用にかかる業務において、お客さま本位の業務運営を図るための指針となる「お客さま本位の金融商品販売を実現するための取組方針」を策定し公表します。
本方針のもとで、當行はお客さま本位の行動を実踐し、その取組狀況を定期的に公表します。また、本方針はより良い業務運営を実現するために、定期的に見直しを行います。

1.お客さま本位の商品提案?コンサルティングの実踐

2.お客さまにわかりやすい情報の提供

當行がお客さまに対し金融商品をご提案する際には、商品やリスクの內容、手數料および市場動向等、投資判斷に資する十分な情報の提供を行うとともに、わかりやすく平易な言葉で丁寧にご説明します。

3.手數料の透明性の向上

當行は、お客さまが負擔する手數料やその他の費用について、透明性の向上に努め、その詳細をわかりやすく丁寧にご説明します。

4.利益相反の適切な管理

當行は、商品提供會社から當行に支払われる手數料や資本関係等にとらわれることなく、お客さまのニーズに合致した商品のご提案を行います。

5.お客さまの最善の利益を追求するための體制整備

6.お客さま本位の取組みを実現するための枠組み整備

以上