ホームふやす外貨預金

外貨預金

外貨預金の特徴

特徴1

円金利よりも高金利での運用が期待できる

特徴2

相場次第で為替差益を期待できる

商品ラインナップ

外貨普通預金

自由に出し入れが可能な外貨預金です。
米ドル、ユーロ、オーストラリアドルからお選びいただけます。

為替予約なし外貨定期預金

預入期間を選択でき、100通貨単位からお預けいただける外貨預金です。米ドル、ユーロ、オーストラリアドルからお選びいただけます。

つみたて外貨(積立型外貨普通預金)

毎月5千円から、自動で購入いただける外貨預金です。
米ドル、ユーロ、オーストラリアドルからお選びいただけます。

はじめての方へ

はじめての外貨預金

外貨預金の基礎知識や、リスクを知ってお客さまの資産運用にお役立てください。

外貨預金 留意事項

  • 外貨預金は預金保険制度の対象ではありません。
  • 外貨預金には為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受け取りの外貨を円換算すると、當初外貨預金作成時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  • 円を外貨にする際(預入時)および外貨を円にする際(払戻時)には、手數料(1米ドルあたり1円、1ユーロあたり1円50銭、1オーストラリアドルあたり2円)がそれぞれかかります。お預け入れおよびお引き出しの際は、手數料分を含んだ為替相場である當行所定のTTSレート(お預入時)、TTBレート(お引出時)をそれぞれ適用します。したがって、為替相場に変動がない場合でも、往復の為替手數料(1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1オーストラリアドルあたり4円)がかかるため、お受け取りの外貨の円換算額が當初作成時の払込円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。外貨定期預金の満期日前解約(中途解約)は原則としてお取り扱いできません。ただし、當行がやむを得ないと認めた場合には、解約日における當該通貨建ての外貨普通預金金利を適用して解約します。この際、市場実勢相場(金利?為替)を基準とした損害金が発生する場合があります。
  • 外貨現金でのお預け入れおよびお引き出し等に際しては、手數料がかかります。例えば、米ドルの外貨現金であれば片道1米ドルあたり2円、その他通貨は1通貨単位あたり片道最大11円がかかります。また、店舗によってはお取り扱いできない場合がございますので事前にご相談ください。
  • 為替相場に急激な変動が生じた場合、お取り扱いを中斷することがあります。
  • 外貨預金をお申し込みの際には、必ず最新の商品概要説明書(契約締結前交付書面)をよくお読みいただき、商品內容をご確認のうえご自身でご判斷ください。商品概要説明書は、當行の本?支店等 の窓口にてご用意しております。

お問い合わせ?ご相談

電話でご相談

〈やまぎん〉テレフォンセンター フリーダイアル0120-170-585
受付時間 9:00~20:00 (土日祝日?12月31日~1月3日を除きます。)

店舗のご案內

店舗?ATM、住宅ローンプラザ、
コンサルティングプラザのご案內はこちら