不審な電子メールは開かない

「フィッシング」(電子メール等に虛偽のリンクを記載して、その金融機関とは関係のない虛偽のウェブサイトにアクセスさせることで、その金融機関になりすまして暗証番號など重要なお客さまの情報を不正に取得しようとする行為)や「スパイウェア」(パソコンなどで入力された個人情報を利用者が気づかないうちに収集して、インターネット経由で送信してしまう不正ソフト)などを利用した犯罪が発生していますので、不審な電子メールには十分ご注意ください。

フィッシング詐欺とは?

金融機関のネットバンキングサービス等に関して、電子メールに虛偽のリンクを記載して、その金融機関とは全く関係のない虛偽のウェブサイトにアクセスさせることで、その金融機関になりすましてパスワード等の重要なお客さまの情報を不正に取得しようとする行為です。

ご注意

當行では、電子メールやお電話にて、パスワードや暗証番號等の重要情報をおうかがいすることはございません。また、「サービス変更事項?重要情報」等は必ずホームページ等に掲載しております。
萬が一不審な點がございましたら、必ず山形銀行のホームページにアクセスし、そのような事実があるかどうかをご確認ください。
また、この種の虛偽のウェブサイトへ暗証番號などの重要情報を入力されたり、電子メールにて回答なさらないようにご注意ください。
當行から電子メールをお送りする場合、そのメールからインターネットバンキングのログオン畫面にリンクさせることはございません。インターネットバンキングご利用時は、必ず當行ホームページからアクセスしてください。