インターネットバンキングのID?パスワードの詐取(2)

犯罪者は、まず電話で「○○保険ですが、保険金の還付がありますので、お取引のある金融機関名(支店名)、口座種類、口座番號を教えてください」等と保険會社を名乗って、電話をかけます。

  • 公的機関(市役所等)から稅金の還付金と稱して電話があるケースもあります。

「還付金を振り込むために、インターネットバンキング申込書をお送りしますので、必要事項を記入し、△△銀行へ送ってください」と説明します。

お客さまは、不審に思わずに、後日、送付されたインターネットバンキング申込書に住所、氏名、登録口座番號、パスワード等の必要事項を記入し、△△銀行宛返送します。
(ケースによっては、送られて來た申込書には、すでに「パスワード」が記入されている場合もあります。)

數日後、△△銀行でインターネットバンキングの申込手続きが完了し、△△銀行よりお客さま宛てにご利用カードが送られる頃を見計らって、偽の銀行員になりすました犯人より再度、電話があり、犯人は、言葉巧みにお客さまのインターネットバンキングのID、パスワードを聞き出します。

  • 犯人は、△△銀行のインターネットバンキングを実際に操作しながら電話をかけているケースや「ご利用カードに記載されている內容を確認する」といった主旨で言葉巧みにID、パスワードであることをお客さまが気付かないように聞き出すケースもあります。

犯人はお客さまから、インターネットバンキングのID、パスワードを聞き出すと、即座にお客さまの契約者番號、パスワードを使って、インターネットバンキングへログオンを行い、お客さまの口座から不正に資金を引き出します。


お客さまにご注意いただきたいこと

  1. 當行や公的機関(市役所、警察等)、保険會社等がお客さまに電話等でインターネットバンキングのID(契約者番號)、パスワードを聞いたりすることは一切ありません。また、ID(契約者番號)、パスワード等は絶対に第三者に教えたりしないでください。
  2. 公的機関(市役所、警察等)、保険會社等よりインターネットバンキングのお申込書を送付することはありません。お申込書は當行宛てご請求ください。
    • お申込書はお近くの當行窓口にございます。
  3. 萬が一、お客さまに上記のような不審な電話があった場合、當行以外の送り主よりインターネットバンキング申込書の送付があった場合、第三者にID(契約者番號)、パスワード等を教えてしまった場合は、ただちにネットバンク共同ヘルプデスクまでご連絡ください。狀況に応じて、インターネットバンキングの利用停止手続きを行います。

お問い合わせ

ネットバンク共同ヘルプデスク フリーダイアル0120-424-969
受付時間〈平 日〉9:00~23:00
〈土日祝〉9:00~17:00