無線LANで注意すること

家中どこからでもインターネットに接続できる無線LANを利用する人が増えてきました。
どこへでもパソコンを持ち運べて便利ですが、電波は自宅周辺など意外に遠くまで屆くことがありますから、セキュリティには特に注意が必要です。

無線LANの識別ID(SSID?ESSID)とは、無線LANのネットワークを識別する名前のようなもの。
買ったままの狀態でも使えますが、外部からのアクセスを防ぎ安全に使うために、必ずIDやパスワードを設定し、さらに暗號化の元となるパスフレーズも獨自に設定してください。

暗號化の設定を行わずに無線LANを使用すると、大事な內容の話を大聲で他人にしゃべっているようなもの。パソコン內の個人情報を不正に取得される危険性があります。
「ファイル共有」は、ネットワーク上の複數のパソコンでデータをやり取りするときに使いますが、より安全に使うために、通常はOFFにしておき使うときだけONにしましょう。

便利な無線LANも適正に使わなければ危険を伴います。 機器の暗號化機能やフィルタリング機能などを正しく利用しましょう。適正な設定をしないまま使用すると、第三者に悪用されてしまう恐れがあります。
きちんとした設定や対策を行って使えば、無線LANは決して危険なものではありません。
無線LANの取扱説明書をよく読んで、暗號化の設定を必ずアクセスポイント(無線LAN裝置)とパソコンの両方で行いましょう。