ホーム預金保険制度について

預金保険制度について

預金保険制度のご案內

預金保険制度により、當座預金や利息のつかない普通預金は「決済用預金」として全額保護され、定期預金や利息のつく普通預金などは1金融機関につき預金者1人あたり、元本1,000萬円までとその利息等が保護されます。

預金保険対象商品と保護の範囲は?

預金等の分類 保護の範囲
預金保険の
対象預金等(注1)
決済用預金 當座預金?利息のつかない普通預金等 全額保護(恒久措置)
一般預金等 利息のつく普通預金?定期預金?定期積金?元本補てんのある金銭信託(ビッグなど)等 合算して元本1,000萬円までとその利息等を保護(注3)
預金保険の対象外預金等(注2) 外貨預金、元本補てんのない金銭信託(ヒットなど)、金融債(保護預り専用商品以外のもの)等 保護対象外(注4)

預金保険制度に加入している金融機関は?

もっとくわしく知りたい方は?

預金保険機構 電話番號03(3212)6029、各財務局または窓口にお問い合わせください。

決済用預金の取扱開始について

山形銀行では、ペイオフ全面解禁後も預金保険制度により全額保護の対象となる「無利息普通預金(決済用預金)」をお取り扱いしております。